測量・登記土地家屋調査士法人スペースGROUP

土地・建物の測量に関連した業務をメインに行っています。

司法書士法人スペースGROUPとの連携で、ワンストップでの登記申請もお手伝いします。

  • 隣接地との境界を明確にする“境界確定測量”
  • 建築を行う土地の現況を測量する“現況測量”
  • 不動産の表題部に関わる“登記申請の代理”

会社情報

代表取締役
磯崎 剛史、磯崎 良太(使用人登録)、伊藤 慎二
設 立
2015年7月31日(統合組織変更)
所在地
〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原三丁目502番地
TEL
052-778-7503
FAX
052-778-7502

Service主な取扱業務

調査・測量

境界確定測量
測量対象地に接続する全ての隣接地について、各土地所有者との立会いを行い、境界を確認し確定させる測量です。
現況測量
現況(既存の建物やブロック塀、既設境界標など)並びに占有状況などを基に隣接地とのおおよその境界を把握するための測量です。
対象地のおおよその寸法や面積並びに高低差を知りたいときに行います。
復元測量
境界標が不明な場合に過去に測量した既存資料から筆界点を復元し、現地に境界標を設置する測量です。
境界標を設置する場合は、その筆界点に接する所有者との立会を基に行います。
地籍調査事業
実施主体である市町村より請け負い、一筆地調査を行います。
土地区画整理事業
道路、公園、河川等の公共施設を整備・改善し、土地の区画を整え宅地の利用増進を図ります。

登記

コンサルティング
分譲マンションの登記に関わるコンサルティング
土地分筆登記
1筆の土地を分割して数筆の土地とする登記です。
土地合筆登記
数筆の土地を合併して1筆の土地とする登記です。
土地地積更正登記
登記簿記載の地積を実際の面積と合致させる登記です。
土地地目変更登記
現況の地目が登記簿記載の地目から変わったときにする登記です。
土地表題登記
公有水面(海・湖など)を埋め立てたり、国有地である無地番の道水路を払い下げたりするときに行う登記です。
建物表題登記
建物を新築したとき、過去に建物を建てたまま登記を忘れてしまっているときにする登記です。
区分建物表題登記
区分建物(マンション・アパート)を新築した際に一番最初にする登記です。
建物表題部変更登記
建物を増築した(離れの建物を新築した)とき、利用形態を変更したときにする登記です。
建物滅失登記
建物を取り壊した、又は焼失したときにする登記です。

Recruit採用情報

募集職種

HOME > 土地家屋調査士法人 スペースGROUP